www.mannymanny.com

考えもせずに突然遭遇するのが乗用車の事故です。この場面でどう対処した結果が要因となり保険金の支払額も相当大きく変わるケースもありますので判断力と対応が求められます。想像できないハプニングに巻き込まれてパニックになってしまうと大事な事を見落してしまいその先自分自身が大きな損を被る場面も想像できるので乗用車の事故をした状況では正しく以下に述べる対応をしましょう。事故に遭遇した場面で最も初めにする事は怪我をした方がいるかどうかの確認です。自動車の事故後すぐは頭の中が真白になってぼうぜん自失となってしまうケースがあり直ちに行動を起こせないのが普通です。ですので、負傷した人がいた場合は危なくないところに移動してから処置をして119番通報するなどして人命優先に努めることが大切です。救急車に連絡する場面では正確な場所を連絡して、良く分からない状態では付近のよく知られている学校や地点を知らせて場所が分かってもらえるようにします。その後に警察へ連絡して、自動車の事故があった旨、簡単な状況を話します。救急車とパトカーの到着を待つ間に相手側のことを調べます。氏名、住所、相手側の自動車保険会社というそれぞれの情報を教えあいます。この時相手方に不手際が存在する場合はその場所でやり取りしようとすることが考えられますが即刻片付けるのではなく、どんな時でも警察や保険屋さんに届け正確に調べてもらう事が大切です。関係者の身元を教えたら交通のさまたげにならないために障害となる物を道路の上からどかします。仮に障害となった物が通りかかった人の車の邪魔になっている場合には、情報の交換をするより優先してそれを行ってしまっても問題ありません。その後自分自身が加入している保険会社に連絡を入れ、車の事故が起きた事を届け出ます。車の事故から一定時間内で自動車保険会社に連絡を入れないと、交通事故の保険の適用外にケースも考えられるので可能な限り遅れることなく行動することが必要不可欠です。さらに現場の証拠になるようにコンパクトカメラや携帯のカメラ等を使って事故の現場や乗用車の破損状態の写真を撮ります。その写真は落ち度の割合決める時にとても大きな糸口とできるので、自らの乗用車や先方の乗用車の破損をしっかりとカメラに残しておくことが重要です。その時に他の人がいるのであればおまわりさんや保険会社の人が駆けつけるまで事故の現場にいて頂くように話しておくことも忘れてはいけません。
Copyright © 1999 www.mannymanny.com All Rights Reserved.